ピロリ菌除菌治療

抗生物質でピロリ菌の除菌治療をすると耐性菌問題に直面します!

胃がん患者数が増加か、2016年最新がん統計予測発表!

   

woman-773393_640 (1)

2016年最新がん統計予測発表が国立がんセンターから発表されました。そこで新たにわかったことは胃がん患者数が増加する予測が出たということ。新規がん罹患患者数が100万人を越え、37.4万人が死亡するという事実とともに衝撃の強い発表でした。これまで減っていた胃がん患者数の増加から何が見えるのか?

胃がん患者数が増加か、2016年最新がん統計予測発表!

国立がんセンターの発表でわかったことは部位別の癌罹患数に大きな変化が起こっているという現状でした。昨年までの罹患数は大腸→肺→胃という順番で、死亡数は肺→大腸→胃という順番でした。

ところが2016年の最新発表では罹患数が大腸→胃→肺とい形で、胃がん患者数が増える傾向にあるという発表がされたんです。確かに男性の喫煙率が減少し、若い女性の喫煙率が上昇したり、より低タールのタバコが流行ったりすることで肺がんの患者数が減っているのかもしれません。

でも胃がんの原因であるピロリ菌の除菌に対する保険適用の範囲も広がり、除菌治療も進んでいるはずなのに、それでも胃がん患者数が増える予測が出ているという事実を受け止める必要があります。

胃がんも初期症状を見逃さなければ、重篤化を防げますし、何よりもピロリ菌の除菌治療を行うことで、胃がんを発病するリスクを大幅に軽減できます。普段から慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気を持っている人は確実にピロリ菌感染検査と除菌治療を行うようにしましょう。

ちなみに胃がんの初期症状は、

・胃や胸のもたれる感じ
・みぞおちの痛みや不快感
・繰り返す吐き気やゲップ
・食欲不振
・やや黒い便(胃の中の出血によって便の色が変わるため起きます)
・半年で10%以上などの大幅な体重減少
・貧血による倦怠(けんたい)感
・息切れ、ふらつき--

などの症状が繰り返し起こるようになりますので、体が発しているアラームを見逃さないようにしましょう。初期段階で病院に行けば、胃カメラでも治療ができますので、そこまで大きな手術になりません。

くれぐれも胃がんを悪化させないようにしましょう。未だに部位別死亡率の第3位が胃がんです。重篤化することで死亡率の高まる疾患ですので、十分に注意するようにしましょう。

ピロリ菌の除菌治療はマヌカハニーが一番!

世界最強のMGOが魅力的なストロングマヌカハニー!

 ストロングマヌカハニーは、ピロリ菌の除菌効果が最も高い!

・ニュージーランドの公的機関の成分分析試験書が同封され安心。
・UMF39+と世界最高水準のマヌカハニーが買えるのはここだけ!
・日本人養蜂家が、現地に住み品質管理を徹底して行っています。
・限定生産品で数量が希少な為、売り切れになることがあります。
・定期購入で、1本無料プレゼントキャンペーンを実施中です。

ヴェーダヴィマヌカハニーは国際規格の品質管理で安心!

ヴェーダヴィマヌカハニーは確実な品質管理で安心!

・全てロット管理され、どのように作られているのかが把握可能!
・TA10からTA30まであり好みで活性強度を選べる!
・巣箱から販売店舗までのの温度管理が徹底されているので安心。
・デパートや百貨店で今、最も売れている人気のマヌカハニー。
・TA30のスペシャルグレードの医療効果が凄い!

eマヌカどっとコムのマヌカハニー!

初心者でも安心のeマヌカどっとコムのマヌカハニー!

・ニュージーランド政府が公認する現地メーカーの商品のみ取扱。
・UMF25+が販売されており、マヌカハニーの種類を選べる。
・全商品が番号で管理されており、原材料や成分濃度を確認可能。
・初心者でも悩まないトライアルセットがあるので安心できる。
・マヌカキャンデーもあり、どこでもマヌカハニーを補給できる。

 - ピロリ菌除菌治療, 胃がんとピロリ菌の関係 , , ,