ピロリ菌除菌治療

抗生物質でピロリ菌の除菌治療をすると耐性菌問題に直面します!

日本人の年齢別ピロリ菌感染データとは?

      2016/04/08

girl-745281_640日本人の約半数が感染していると言われているピロリ菌ですが、最近の感染者数のデータでは年齢別にチェックした場合、どのような分布になっているのか?少し気になりますよね。若い世代の感染率が下がっているとはいえ、まだまだ安心出来ません。

日本人の年齢別ピロリ菌感染データ

50代以上の日本人なら、8割が感染していると言われているほど国民病のピロリ菌ですが、その実態はどうなのでしょうか?数年前(2004〜2011)のデータですが発見しましたので参考にどうぞ。

日本全国(北海道、青森、山形、群馬、愛知、滋賀、香川)で検診・人間ドックを受診した21,688人の医療情報を元にまとめたデータによれば、ピロリ菌の感染率は15〜19歳で8.3%、20〜24歳で10.6%、25〜29歳で14.0%でした。高齢者では65〜69歳で45.9%、70〜74歳で46.1%だったということです。

このデータ上では、日本人のピロリ菌感染率は下がっているように見受けられますが、これだけ上下水道が整備された現代でも、子供世代で8%程の感染者がいるということは、やはり親世代からのピロリ菌感染が止まっていないということを示していますね。

この胃がん予備軍とも考えられるピロリ菌感染ですが、現在の日本人の主な感染経路は親→子という流れだとされています。この1割ほどの子供世代の感染者の原因は、親世代がピロリ菌への感染を放置した結果です。

つまり親から子への負の遺産の譲渡が知らぬ間に起こっているのです。多分、この流れは現在も大きく変わらないはずです。それを回避する唯一の方法が、親世代がしっかりとピロリ菌の除菌治療を行うことです。

それだけで子供世代へのピロリ菌の感染拡大を予謀することができます。特に日本人が感染しているピロリ菌は胃がん発病率の高い毒性の強いものなので、早めの除菌治療が何よりも大事になります。

胃がんの多くが予防できるんです。それを放置して胃がんを発病するか?それともしっかりと予防するかもあなた自身の選択次第というのが答えになっていますね。

ピロリ菌の除菌治療はマヌカハニーが一番!

世界最強のMGOが魅力的なストロングマヌカハニー!

 ストロングマヌカハニーは、ピロリ菌の除菌効果が最も高い!

・ニュージーランドの公的機関の成分分析試験書が同封され安心。
・UMF39+と世界最高水準のマヌカハニーが買えるのはここだけ!
・日本人養蜂家が、現地に住み品質管理を徹底して行っています。
・限定生産品で数量が希少な為、売り切れになることがあります。
・定期購入で、1本無料プレゼントキャンペーンを実施中です。

ヴェーダヴィマヌカハニーは国際規格の品質管理で安心!

ヴェーダヴィマヌカハニーは確実な品質管理で安心!

・全てロット管理され、どのように作られているのかが把握可能!
・TA10からTA30まであり好みで活性強度を選べる!
・巣箱から販売店舗までのの温度管理が徹底されているので安心。
・デパートや百貨店で今、最も売れている人気のマヌカハニー。
・TA30のスペシャルグレードの医療効果が凄い!

eマヌカどっとコムのマヌカハニー!

初心者でも安心のeマヌカどっとコムのマヌカハニー!

・ニュージーランド政府が公認する現地メーカーの商品のみ取扱。
・UMF25+が販売されており、マヌカハニーの種類を選べる。
・全商品が番号で管理されており、原材料や成分濃度を確認可能。
・初心者でも悩まないトライアルセットがあるので安心できる。
・マヌカキャンデーもあり、どこでもマヌカハニーを補給できる。

 - ピロリ菌に関する情報, ピロリ菌除菌治療, 胃がんとピロリ菌の関係 , ,