ピロリ菌除菌治療

抗生物質でピロリ菌の除菌治療をすると耐性菌問題に直面します!

抗生物質によるピロリ菌の除菌治療で精神疾患リスク?

      2016/06/09

friendship-1058567_640

抗生物質のクラリスロマイシンを使ったピロリ菌の除菌治療で精神疾患リスクが高まる可能性があるという研究結果が発表されました。まだまだデータは少ないものの、抗生物質を使用したピロリ菌の除菌治療の新たな副作用の一つとして覚えておいて損はないと思います。

クラリスロマイシンによるピロリ菌の除菌治療で精神疾患リスク?

過去に精神神経症状の経験がある人で、ピロリ菌の除菌治療を抗生物質を使用した1824人の被験者を対象にして、抗生物質(クラリスロマイシン)によるピロリ菌の除菌治療と精神神経症状の関係性について調査を実施。

なんと治療開始14日間で一般的な発症率(16,665人/年に1,766件)に対して、発生率比が4.12(72人/年に35件、95%信頼区間2.94-5.76)に増加したことがわかっただけではなく、15日以降及び治療前の14日間には、増加が起こらないことがわかりました。

つまりピロリ菌の除菌治療開始から14日間の治療中にあたる期間は、精神神経症状が現れる頻度が高くなっているということがわかったのです。そして結論としても「クラリスロマイシンを含むヘリコバクター・ピロリ治療と関連する精神神経症状の短期的なリスク増加の根拠が示される」ということが発表されました。

実際にこの研究では、除菌治療を受けていない人、精神神経症状の経験がない人との比較データがありませんので、この研究結果だけで端的に精神疾患を発症するリスクが明らかに向上するとはいえませんが、覚えておいて損はないと思います。

またピロリ菌の除菌治療には、抗生物質のクラリスロマイシンだけではなく、メトロニダゾールも同時に使われることがあります。このメトロニダゾールは稀にメトロニダゾール脳症という症状を引き起こすことがわかっており、クラリスロマイシンと同時に使うことでメトロニダゾール脳症の頻度が少し上がることも考えられるわけです。

いずれにしても、抗生物質によるピロリ菌の除菌治療の安全性は疑ってかかるべきというのが、今回の研究を通じて私が感じたことです。やはりピロリ菌の安全な除菌治療は高濃度のストロングマヌカハニーが安全かつ最もおすすめの方法だということは間違いありません。

ピロリ菌の除菌治療はマヌカハニーが一番!

世界最強のMGOが魅力的なストロングマヌカハニー!

 ストロングマヌカハニーは、ピロリ菌の除菌効果が最も高い!

・ニュージーランドの公的機関の成分分析試験書が同封され安心。
・UMF39+と世界最高水準のマヌカハニーが買えるのはここだけ!
・日本人養蜂家が、現地に住み品質管理を徹底して行っています。
・限定生産品で数量が希少な為、売り切れになることがあります。
・定期購入で、1本無料プレゼントキャンペーンを実施中です。

ヴェーダヴィマヌカハニーは国際規格の品質管理で安心!

ヴェーダヴィマヌカハニーは確実な品質管理で安心!

・全てロット管理され、どのように作られているのかが把握可能!
・TA10からTA30まであり好みで活性強度を選べる!
・巣箱から販売店舗までのの温度管理が徹底されているので安心。
・デパートや百貨店で今、最も売れている人気のマヌカハニー。
・TA30のスペシャルグレードの医療効果が凄い!

eマヌカどっとコムのマヌカハニー!

初心者でも安心のeマヌカどっとコムのマヌカハニー!

・ニュージーランド政府が公認する現地メーカーの商品のみ取扱。
・UMF25+が販売されており、マヌカハニーの種類を選べる。
・全商品が番号で管理されており、原材料や成分濃度を確認可能。
・初心者でも悩まないトライアルセットがあるので安心できる。
・マヌカキャンデーもあり、どこでもマヌカハニーを補給できる。

 - ピロリ菌除菌治療, ピロリ菌除菌治療のリスク , , , ,