ピロリ菌除菌治療

抗生物質でピロリ菌の除菌治療をすると耐性菌問題に直面します!

ピロリ菌も悪玉菌の一種だって知ってた??

   

ピロリ菌も悪玉菌の一種だということを知っていましたか?体にマイナスの影響を与える菌という意味では、確実に善玉菌ではなく悪玉菌ですよね。しかしピロリ菌を悪玉菌と理解する人は少ないのではないでしょうか?そこで他にどんな悪玉菌が有名なのかを調べてみました。

ピロリ菌も悪玉菌の一種ですが、超悪玉菌もいる!

悪玉菌の定義は、腸内環境を悪化させ病気や老化を引き起こす菌であるということ。悪玉菌には様々な種類があって、種類によって性質や特徴が異なるんです。そこで悪玉菌として代表的な種類をいくつか紹介しますので、ちょっとチェックしてみてください。

・大腸菌

大腸菌は哺乳類に生息する微生物で、善玉菌優勢の腸内でも生息が可能です。増えすぎない限りは害がありませんが、出生直後から人の腸内で増殖し始めます。増えすぎることで腸内の腐敗を進めたり、下痢や便秘を引き起こしたり、免疫力を弱めたりします。

・ウェルシュ菌

ウェルシュ菌は哺乳類の腸内や自然界の土壌、水中などに生息する微生物で、芽胞による耐熱性が特徴です。高温の環境でも死滅しないという耐熱性があるので料理をしても生き残っています。健康な人の腸ではほぼ存在せず、ウェルシュ菌が生息する腸は悪玉菌優勢である場合がほとんどです。

・ピロリ菌

ピロリ菌は哺乳類の胃の粘膜に生息する微生物です。ピロリ菌に感染するのは、5才以下の幼少期がほとんどです。一度ピロリ菌に感染するとピロリ菌は胃粘膜上で増殖し続け、胃の疾患を中心とした様々な健康被害を引き起こします。ピロリ菌の増殖が進んでいくと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こす可能性が高まります。

しかしそんな悪玉菌よりもさらに強力な超悪玉菌がいることもわかっています。超悪玉菌の一種にETBF菌がいます。ETBF菌はフラジリス菌という悪玉菌の勢力が強まることで誕生する菌なので、腸内環境を善玉菌優位にしていれば発生はしません。ETBF菌は腸内に炎症を起こし、悪玉菌以上に大腸がんのリスクを高めますので、本当に注意が必要です。

このように多くの悪玉菌の影響を受けることが考えられますので、腸内環境を善玉菌優位にしておくことは非常に大切なことです。悪玉菌の原因になるものがあなたの身の回りにあふれていますので、十分に注意してくださいね。

ピロリ菌の除菌治療はマヌカハニーが一番!

世界最強のMGOが魅力的なストロングマヌカハニー!

 ストロングマヌカハニーは、ピロリ菌の除菌効果が最も高い!

・ニュージーランドの公的機関の成分分析試験書が同封され安心。
・UMF39+と世界最高水準のマヌカハニーが買えるのはここだけ!
・日本人養蜂家が、現地に住み品質管理を徹底して行っています。
・限定生産品で数量が希少な為、売り切れになることがあります。
・定期購入で、1本無料プレゼントキャンペーンを実施中です。

ヴェーダヴィマヌカハニーは国際規格の品質管理で安心!

ヴェーダヴィマヌカハニーは確実な品質管理で安心!

・全てロット管理され、どのように作られているのかが把握可能!
・TA10からTA30まであり好みで活性強度を選べる!
・巣箱から販売店舗までのの温度管理が徹底されているので安心。
・デパートや百貨店で今、最も売れている人気のマヌカハニー。
・TA30のスペシャルグレードの医療効果が凄い!

eマヌカどっとコムのマヌカハニー!

初心者でも安心のeマヌカどっとコムのマヌカハニー!

・ニュージーランド政府が公認する現地メーカーの商品のみ取扱。
・UMF25+が販売されており、マヌカハニーの種類を選べる。
・全商品が番号で管理されており、原材料や成分濃度を確認可能。
・初心者でも悩まないトライアルセットがあるので安心できる。
・マヌカキャンデーもあり、どこでもマヌカハニーを補給できる。

 - ピロリ菌に関する情報 ,